薫英荘について

薫英荘(施設入所支援・生活介護・短期入所・日中一時支援)について

基本理念

1.生命の尊厳

私たちは、知的障害のある人たちの一人ひとりをかけがえのない存在として大切にします。

2.個人の尊重

私たちは、知的障害のある人たちをひとりの人間としての個性、主体性可能性を尊び、対等な関係を堅持します。

3.人権の擁護

私たちは、知的障害のある人たちに対する、いかなる差別、虐待、人権侵害も許さず、人としての権利を擁護します。

4.社会への参加

私たちは、知的障害のある人たちが年齢、障害の状態などにかかわりなく社会を構成する一員としての市民生活が送れるよう支援し、これをもって地域の住民と共に地域に根ざした福祉文化の創造の一端を担います。

5.専門的な支援

私たちは、自らの専門的役割と使命を自覚し、絶えず研鑽を重ね、知的障害のある人たちの一人ひとりが豊かな生活を実感し、充実した人生が送れるよう質の高いサービスを提供するとともに、地域のニーズに応え、地域の信頼を得る福祉を具現します。

5つの配慮

1.生活面の配慮

手洗い、洗面、清掃、身だしなみ、履物、寝具、入浴、理髪、整理整頓等より良き習慣を形成するための工夫

2.衣類への配慮

清潔な服装、個性ある服装、季節感や行事に応じた服装

3.食事への配慮

家庭的な温かい食事と内容、老齢化・生活習慣病の予防、肥満対策

4.住居への配慮

明るく清潔な居室、悪臭の無い施設、個性ある居室、安心する生活空間

5.健康への配慮

定期的な健康診断、疾病や皮膚病等の早期発見と治療、生活習慣病対策安全な生活、危険箇所の改善、所在の把握

利用定員

[施設入所支援]

50名

 

[生活介護]

54名

 

[短期入所・日中一時支援]

6名

保存

保存